誰にも知られたくない性病、抗生物質クラビットで治療しよう!

黄色のカプセル

処方分は全部のもう

シートからでている薬

病院で薬をもらった際、多くの人は処方された分を全て飲み切るはずです。
しかし中には「目に見える症状が無くなった段階で服用を辞めてしまう」困った人がいるのです。
通常の風邪のような症状であればそれでも治療を行うことができますが、性病のようなウィルス性の病気の場合、そしてクラビットのような抗生物質を服用している場合、途中で服用を辞めてしまうと大変なことになる可能性があるのです。

その大変な事というのは「耐性菌」という物が生まれてしまう可能性がある、という事です。
生物というのは何か自分にとって害ある物が近くに合った場合、その環境に適応するために変異したり、抗体という物を作りだします。それは性病の原因となるウィルスも同じです。
クラビットのような抗生物質を服用して目に見える症状が無くなっても、体内にはまだウィルスが潜伏しています。その状態で服薬を辞めてしまうと体内に残ったウィルスが「抗生物質に対する抗体を身に着けてしまう」可能性があるのです。
そうなってしまった場合、再度症状が現れたときにクラビットを服用しても耐性を持った菌に対しては抗生物質は効きません。
そうなるとまた別の薬を使用して治療するか、場合によっては手の打ちようがなくなってしまう事もあるのです。

その為、もしも病院から薬をもらった際には目に見える症状が無くなったから服用を勝手にやめてしまうのではなく、もらった分はしっかりと全て飲み切り、診察を受けて服薬を止めてもいいと言われてから初めて服薬を辞めるようにしましょう。